岐阜 朝日設備工業株式会社のブログ

岐阜県岐阜市の設備工事会社のブログ。設備の豆知識、役立ち情報や施工実績、会社の様子をお伝えします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エアコンの節電と匠の店【節電】

こんにちは、プチ広報です♪

岐阜は今日もジメジメ。。。

例年通りこれからどんどん暑くなっていくと思いますが、今年はいつも以上に節電を意識されている方が多いと思います!


そこで、ダイキンさんの節電情報★
エアコン節電情報 この夏をみんなで乗り切る節電のお話


自分で出来ることと出来ないことがありますので、とりあえず自分でできることは自分でやる!ということで…

・設定温度を上げる
・扇風機を併用する
・フィルターの掃除
・帰宅時の換気

なんかはプチ広報も自宅でやってますし今年は皆さんもやっていると思います。

暖房後にフィルターを見てみてビックリ!
半年前に新品を設置したのに、フィルターにはほこりがびっしりΣ(・ω・ノ)ノ!
もっと小まめに掃除しようと心に誓いました…。
2週間に1回がベストらしいけど(^_^;)



ちなみに前回ちらりとダイキンさんの匠の店というのを書きましたが…某テレビ番組に登場する匠がいるという意味ではありません(^_^;)

冷暖房、冷凍・冷蔵、換気、湿度調整、空気清浄、脱臭、除菌など空気まわりから給湯システムまで、「5つの力」(技術力、現場力、対応力、提案力、情報力)でお得なベストプランをお届けする。

それが匠の店
 ⇒ダイキン 匠の店


家庭用エアコンでも業務用エアコンでも、洗浄や入替に関するご相談も承っております(・ω・)b

特に大規模なオフィスなどでの入替はプロにおまかせを!

どうぞお気軽に^^



何かの参考になりましたらこちらをポチポチポチ♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ 

ありがとうございます♪

スポンサーサイト

| 省エネ! | 11:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイキン】機種別!除湿の種類

さて、ダイキンさんの2011年モデルのエアコンはRX、HX、DX、CX、P、Eのシリーズがあります。

ちなみに「RX」などのXがつくのは型番がSからはじまる住宅設備用の機種。
「R」などXがつかない機種は家電量販店用の機種です。
ちなみに住宅設備用というのはいわゆるぴちょんくんのお店
朝日設備はぴちょんくんのお店なのですよ♪
そして、ダイキン匠のお店
http://www.daikinaircon.com/takumi/
なのです♪



除湿機能の名称はさらら除湿(再熱除湿)と5段階セレクトドライ(弱冷房除湿)。

機種別にみると

いつでも さらら除湿 → RX
さらら除湿      → HX、DX、P
5段階セレクトドライ → CX、E

という風に分けられます。


ちなみに

いつでも さらら除湿
冬場の乾燥した外気を取り込む給気運転、夏場の暑い日中に温度も湿度も下げる除湿冷房、冷える夜間に湿度だけ下げる再熱除湿の3つの運転をかしこく自動で切替。

さらら除湿
夏場の暑い日中に温度も湿度も下げる除湿冷房、冷える夜間に湿度だけ下げる再熱除湿の2つの除湿を自動切替。

5段階セレクトドライ
弱めの冷房運転と停止を繰り返して湿気をとる。(弱冷房除湿)

ということで、ダイキンさんの上位機種で設定されているさらら除湿、すべて再熱式かと思いきや場面や気温湿度によって自動で弱冷房除湿と切り替わるのですね(゚ロ゚ )!!

それなら多少負荷は軽減されているのかな?
これについてはあまり資料がないので確定的な事が言えません(^_^;)
他社さんのは再熱除湿だけだったり、やっぱり自動切替があったり、色々です。


あと、RXシリーズに搭載されている冬場の外気を取り込む給気除湿はダイキンさんだけ♪
冬場も除湿したい場合は良い機能◎

部屋干しランドリー乾燥やカビを抑えるカビショック運転なども搭載!
ただし強力なのでこれら運転をしている時はその部屋にいてはいけないとのこと(゚ロ゚ )!!
相当強力そうです (`・ω・´)シャキーン



とはいえ…あまり色々な機能があっても使いこなせないんじゃないか?と思ってしまうプチ広報。。。

個人的には5段階セレクトドライで十分と思いますので、CX、Eシリーズがおススメです(^_^;)テヘ

岐阜は暑くて湿度が高いからそう思うだけかもしれませんので、その土地、自分の体感に合ったものを選べると良いですね♪



何かの参考になりましたらこちらをポチポチポチ♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ 

ありがとうございます♪

| エアコン | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エアコンの除湿は電気代が高い?【節電】

この時期になると気になるエアコンの電気代。

今年はより一層、皆さん気にしてらっしゃると思います。

これまで、エアコン選びで目安となるCOPやAPFについては記事にしてきましたが、雨が多くなるこの時期気になるのは「除湿」!

プチ広報が昔、初めてエアコンを使った頃は、「冷房よりドライ(除湿)の方が電気代が安いよ♪」と友人に言われていたのでドライばっかり使っていました。
電気代にどれだけ影響を与えていたかは謎です。
言われるがままだったので(^_^;)


ところが最近、「ドライにした方が電気代が高いんだって!」という話を聞きまして・・・。


え~~~Σ(・ω・ノ)ノ!

話が違う~(TωT)


という事で調べてみました♪



すると……

どうやらどちらも正解(゚ロ゚ )!!

私が最初に聞いた「ドライの方が電気代が安くなる」というドライは弱冷房除湿

最近聞いた「ドライの方が電気代が高くなる」というドライは再熱除湿

ということで、除湿の方法が少し違うのです。

同じドライなのにそんなに違うの?とは思いますが違うんですね~。


参考:ダイキン 空気の学校
ぴちょんくんと学ぶ、とっても分かりやすい説明なのですが、フラッシュが多用されていてちょっと重いです(^_^;)
でも分かりやすいので詳しくはこちらを(o´ω`o)ぅふふ



簡単に説明しますと、弱冷房除湿はその名の通り冷房を弱めにかけて除湿するというもの。

除湿するためには空気を冷やす必要があるので、ドライをかけるとどうしても部屋の温度も下がってしまうのです。

でも今のような梅雨時、湿度をとるために弱冷房除湿のドライをかけると寒くなり過ぎてしまうのです。

それを解決するために開発されたのが再熱除湿

この方法だと、湿度をとるために冷やした空気を快適な温度にするため、もう一度空気を温めて除湿しながらも温度が下がりません。

この機能により、除湿しても気温が下がらず快適に過ごすことが出来るのです。

ただし…「もう一度空気を暖める」という工程が入った為、電気代が通常よりもかかってしまうのですねぇ(TωT)
APFの話でも冷房より暖房の方が電気代がかかるという話をしましたね。
なのでこの空気を再加熱という部分に通常よりも負荷がかかってしまうのでしょう。。。



ドライをよくつかわれる方は、自分の家のドライの方式が再熱除湿なのか、弱冷房除湿なのかを意識されると良いと思います。

夏になっても「ドライの方が電気代が安いから♪」と思ってドライにしていると、機種によっては再熱除湿のため、涼しくならない上に電気代が余計にかかってしまい、まったく意味がなくなってしまいます(´・ω・`)ショボーン


次は、具体的にどの機種が再熱除湿でどの機種が弱冷房除湿なのかを見ていきたいと思います♪




何かの参考になりましたらこちらをポチポチポチ♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ 

ありがとうございます♪


ちなみにエアコンな関連記事:
   ●設備業界のCOP (03/01)
   ●APFの見方 (03/02)
   ●COPとAPFの違い (03/03)
   ●エアコンの選び方 (2011/03/05)

| お得な豆知識♪ | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

50Hzと60Hzの壁

地震が起こる前に、住宅エコポイントの話の中の、節水トイレや高断熱浴槽について書きます、と予告していたのですが、そういう気分にもなれないので、ちょっと別の話題…。



**************************


地震以来、様々な報道、情報が飛び交い、少し混乱気味ですね。

色々なチェーンメールもきます。

プチ広報のところにも週末、「関西電力、中部電力から送電するので節電を!」という内容のものがきました。

ただ、その割には報道や、中電からの呼びかけが無いな、と少し疑問に思い調べてみました。

まずは中部電力のホームページより…


中部電力|地域と周波数


日本で初めて発電が始まった明治29年、東京電灯(東京電力の前身)はドイツのAEG社から50Hzの発電機を購入。

その翌年、大阪電灯(関西電力の前身)はアメリカのGE社から60Hzの発電機を購入。

これ以来100年以上、新潟県の糸魚川から静岡県の富士川を結ぶラインを境として50Hzと60Hzの地域に分かれてしまっているそうです。

その後も周波数を統一する動きは何度かあったようですが、そうするとどちらかの地方の電気製品は使えなくなってしまいます。
地デジ化も大変ですが、テレビはなくても大丈夫。冷蔵庫や洗濯機はちょっと困りますね。

最近の家電はほとんどが共用になっているようですが、簡単に統一できるのならもうやっているでしょう。
手近にあったダイキン空気清浄機のカタログを見てみたらやはり共用になっていました。


ということで輪番停電を行っている関東、東北については50Hz、岐阜を含めた西日本は60Hzと周波数が違うために、こちらから関東へ送れる電力は限られているようです。

そして送れるだけ既に送っているようです。

ちなみに東海道新幹線は線路の途中に境界線がありますが、東京まで全線、60Hzの電気を使用しているそうです。
なので通常運行しているのでしょう。
在来線は違うので影響が出ていますね。




じゃあ節電は意味が無いのか?

というと、そういう訳ではないと思います。

そうじゃなかったら省エネとかいりませんしね。



自分たちができることをコツコツとやっていくしかないのかなぁ、と思っています。



遠く離れて、直接的に何も出来ないことに歯がゆさを感じますが、

まだ救出されていない被災者の方々及び救助に当たる皆様のご無事と共に、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

| プチ広報のひとりごと | 11:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。