岐阜 朝日設備工業株式会社のブログ

岐阜県岐阜市の設備工事会社のブログ。設備の豆知識、役立ち情報や施工実績、会社の様子をお伝えします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

COPとAPFの違い

昨日までのダイジェスト
地域カーボン・カウンセラー養成講座でCOP10の話題が出たため、設備業界にも別のCOPがあるよ、とネタを提供してくれたカーボンさん。
それは樹海への入り口だった…。
設備業界でのCOPはエアコンの成績係数なんだけど、基準の条件がイマイチだったために、APFに取って代わられた!
じゃあCOPとAPFの条件の違いってなんだ!?
もっといっぱい書いた気がするけど要するにそういうハナシだったのです(・ω・)b


関連記事

**************************

それでは今日はCOPAPFの条件は何が違うのか…という部分。

どちらも数字が大きいほど省エネであるというのは同じなのですけどね。


COPの条件
冷房:外気温度35℃での性能
暖房:外気温度7℃での性能



APFの条件
場所:東京地区・木造・南向きの洋室
期間:暖房(10月28日~4月14日)、冷房(6月2日~9月21日)
時間: 6:00~24:00の18時間において外気温度が16℃以下の時に暖房が必要、24℃以上の時に冷房が必要と規定

※東京を基準に他地域用に係数が用意されているのでそれを掛けると、自分の住んでいる場所でのおおよその性能が得られます。
    参考:省エネ家電de温暖化防止


という条件。

比べるというか項目がまったく違いますね(^_^;)

ただこの条件を見たプチ広報の感想は (。-`ω-)ンー


まずCOP

冷房が35℃での性能というのは、岐阜は日本でも有数の暑い地域なので冷房期間を平均するとこれくらいかなぁ…とも言えるのですが、暖房の外気温度7℃ってのはちょっと。。。

冬場は7℃あるとちょっと暖かいなぁみたいな、春を感じ始める気温だと思うのですが。
プチ広報は北陸出身なので寒さに強い部分もあります。

12月~2月は0℃前後が多いですよね。

ということで、暖房時のCOPはもっと低く見積もった方が良さそう。

条件からも分かる通り、本当にその温度のみでの性能だということが分かりますね。


次にAPF

実際の利用期間としては冷房はもっと長い感じがしますね。
プチ広報調べ(・ω・)b

あと暖房は外が16℃程度じゃつけないんじゃないかな?
まぁ東京基準だしね。

というちょっとした疑問はありますが、COPより実態には合っていそうかな。
一年間での利用条件、利用時間を考慮している。


ただ、ここで疑問…

冬場の暖房にエアコンを使っている人がどれくらいいるのだろう?

冷房も暖房もエアコンを使うわよ (`・ω・´)シャキーン
プチ広報はそうです。暖房器具がエアコンしかないです。

って方には目安となる数値ですが、冷房にしか使わないお宅、多いのではないでしょうか?

そうするとAPFの値は極端に低く見積もった数字になります。
一般的に冷房能力は過小評価、暖房能力は過大評価されているようですので余計ですね。


まぁ、こういった評価数値に完璧なんてありません。

もっと言いだせば、部屋に家具をどれだけ置いているのか、何人で生活しているのか、カーテンの厚さは、風が通りやすいか、エアコンの取り付け位置なんかも関係します。

さらに、高気密高断熱住宅と、昔ながらの断熱材の入っていないお宅では全く違いますね。


こういった数字の意味をちょっとでも理解して、取り付けたい場所に合ったものを選べると、このCOPとAPFも本望だと思います(・ω・)b

**************************


長くなりついでに、明日はプチ広報的、大雑把なエアコンの選び方を~(o´ω`o)ぅふふ



何かの参考になりましたらこちらをポチポチポチ♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ 

ありがとうございます♪
スポンサーサイト

| お得な豆知識♪ | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

APFの見方

昨日からの続きです…。

関連記事


いやぁ…長い(TωT)


**************************


COPの話だったはずなのになぜかAPF
略語が多すぎますよ~。
最近の若者がなんでも略語にするのはこういった影響があるんですよ、きっと。



改めて、APFとは Annual Performance Factor の略で日本語では「通年エネルギー消費効率」といいます。

APFは、2006年9月に改正された省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)で、COPに代わる省エネの基準値として採用されました。

改正されてからしばらくはカタログにCOPとAPF、両方が記載されていたようですが、今年のものを見てみるとすでにAPFの値しか載っていませんね。

APFの計算方法なんかはこちらを参照してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
社団法人 日本冷凍空調協会

APFの注意点としては、エアコンの容量によって基準値が違うので、単純に比較ができないところ。

  能力2.2kW(6畳用)  →APF6.6
  能力5.0kW(16畳用) →APF5.0


の2台があった時、数字だけを見ると2.2kWの方が省エネ性能が高いんですが、これはあくまで6畳間における能力。

12畳で使用する場合にはこの数字は意味がなくなるんです。

なので、比較する時は、APF値の横に「区分」という表示があるのでその区分が同じもの同士を比較ないといけないのです。
ご家庭用の壁掛だとA~Gまでの区分がありますよ~


壁掛用のエアコンは、一般的に容量が大きくなるとAPF値が下がります。

壁掛用は大きさが小さい分、大空間の空調をコントロールするには過大な負荷がかかってしまうのです。

車でもフィットやビッツ等のコンパクトカーは燃費が良く、大型車になるほど燃費が悪いですよね。
でもフィットには8人乗れない…そんな違いです(・ω・)b



ちなみに業務用にすると内部の性能が上がるので効率もよくなるのですが…大きさが大きくなって値段が高くなる場合があります(^_^;)

**************************


と、ここまで書いて忘れていました((((;゚Д゚))))

昨日のCOPの話で、「COPはある一定の温度環境下における効率を示す数値でしかない」と書いておいて、どんな温度環境なんだってことを説明していないってことに(´Д`)

APFの条件もまだだったので、また明日、COPとAPFの条件の比較について書きたいと思います。。。
なが~~~~~い(TωT)



何かの参考になりましたらこちらをポチポチポチ♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ 

ありがとうございます♪

| お得な豆知識♪ | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

設備業界のCOP

やっとやっと、カーボンさんが言いたかったであろうCOPの話。

地域カーボン・カウンセラー養成講座では前回書いた、COP10やCOP16がメインだったと思いますが設備業界にもCOPがあります。

何かというと、エアコン等のエネルギー消費効率をチェックするための成績係数だそうでして…

正直なんのこっちゃですよ~ヽ(TдT)ノオテアゲ~

実はプチ広報、学生時代ずっと建築を学んでいたのですが、設計やデザインが中心だったので環境工学や構造とはあまり仲良くないのです~(TωT)


**************************

さてさて仲良くないけど調べてご説明。

設備業界でのCOPは Coefficient Of Performanceの略なんだそうで。
略語ばっかり(・ω・)

  COP = 空調能力[kw] / 消費電力[kw]

で表わされます。


これはエアコンが使ったエネルギーの何倍仕事ができるか、というものなので、COPの数字は大きければ大きいほど仕事のできるすごいやつ!ということなんですね。

COP=6だとすると、使った電力の6倍の仕事ができる・・・COP=1に比べて電気料金は1/6になる、という訳で、それだけ省エネになるという指標なんですね。
第6回締約国会議ではないのです。


しか~し!


このCOPには弱点が2つありまして


1つ目はCOPの値をだすには、冷房と暖房は別々に計算しなければならず、その値の幅が大きいことです。

エアコンでは冷房と暖房での消費電力量に差があるので電気屋さんの表示でも冷房時 / 暖房時で分けて書いてありますね。

一般的に冷房時よりも暖房時の効率が悪いので、冷房時と暖房時で1~2くらいの差が出てしまいます。
これは2つの値の平均値をだすなどで対応している所もあったそう


そして2つめ、こちらの方が大きな理由なのですが、COPは一定の温度環境下における効率を示す数値でしかない、ということ。

岐阜なんかは夏はニュースになるくらい暑いのに、冬は雪だって降っちゃいます。
割に合わない(TωT)

実際にエアコンを使った時の冷房・暖房の能力や消費電力は、その時の室温・外気温に大きく左右されるので、常にCOP値と同じ効率が得られるわけではないのです。
0℃から20℃に室温を上げるのと、5℃から20℃に室温を上げるのでは使用する電力量も違いますよね?

車でもカタログに書かれている燃費は理論値で、実際はもっと低くなりますし。
プチ広報の車のカタログ値は18㎞/ℓですが実際は12㎞/ℓいけばいいほうです(TωT)


じゃあ何を信じればいいの?


ってことで、やっぱり頭のいい方たちはお考えになるんですね。

新たにご登場したのがAPFという係数なのですが…
また略語


COPの話だけじゃ終わらなくなってしまった…((((;゚Д゚))))

また明日~(TωT)


何かの参考になりましたらこちらをポチポチポチ♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ 

ありがとうございます♪

| お得な豆知識♪ | 14:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

COP10ってどんな意味?

先週末、

「COPについて書こうかなと思います!」

と言ったら社長に

「えらい所に踏み込んだね~。」

と言われてしまい、不安が隠せないプチ広報です。
でもたぶんマニアックな社長が思うような樹海までは踏み込みませんよ~(´Д`)


**************************


そもそもCOPの話は先日ネタの提供をお願いしたカーボンさんが、

「コップテンって知ってる?」

というところから始まりました。


プチ広報、ちょうどその日に名古屋の栄にいて、世界各国から集まったCOP10(コップテン)参加者と遭遇していまして、一応存じ上げていました。
なんとなく響きも良いですしね♪

これは生物多様性条約の第10回会議ということでしたので、COPっていうのは「生物多様性条約」の略語なんだろうなぁ…と思っていたのですが…

この場合のCOPというのは国際条約を結んだ国が集まる会議「締約国会議Conference Of the Parties)」の略なんだそうです。
え?そっちを活かしちゃうの(゚ロ゚ )!!

ということで、本題である「生物多様性条約」の部分はまったく入っていないのです…。

つまり日本語で簡単に言うと、

「第10回会議やるんだって~」

みたいな、何の会議かよく分からない、えらく曖昧な単語のようです。
注)主観です(笑)


有名な京都議定書が採択されたのは「気候変動枠組条約」の第3回締約国会議なのですが、COP3というらしいです。
地域カーボン・カウンセラー養成講座で出たのはこの話ですね。
最新でCOP16が行われたそうです。



結局何の会議かわかんないじゃんヽ(TдT)ノ


と声を大にして言いたいですが、世界標準なんでしょうね。

岐阜から発する小さな疑問なんて太刀打ちできませんよ。


**************************

私の疑問が長すぎて、もう一つのCOPにたどり着きませんでしたね(^_^;)

明日は今度こそ、樹海の入口に踏み入れてみようと思います(TωT)


何かの参考になりましたらこちらをポチポチポチ♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ 

ありがとうございます♪

| お得な豆知識♪ | 11:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地域カーボン・カウンセラー養成講座を受講しました

地域カーボン・カウンセラー養成講座を当社社員が受講しました。

一般社団法人 カーボンマネジメント・アカデミー公式サイト

この講座は低炭素社会実現のために、地域の状況を把握し、自治体等の各種関係機関との連携・協力しながら、CO2削減の指導やアドバイスを行える人材を育成することを目的としています。

当社といたしまして今後一層、省エネやエコ活動に取り組んでいきたいと思います。

    カーボン マネジメント 養成講座 修了


HPより引用

■はじめに
地域カーボン・カウンセラー養成講座」は内閣府の地域社会雇用創造事業(社会的企業の創業および人材創出を支援する等の事業を実施し、地域社会における事業と雇用を加速的に創造することを目的とする)の一環として、一般社団法人カーボンマネジメント・アカデミーが実施するものです。
わが国では京都議定書目標達成のため、また、ポスト京都における「チャレンジ25」に向け、あらゆる分野で一層のCO2削減に取り組む必要があります。
更に今後、国や地方自治体において排出量取引制度の導入などの規制強化に関する議論が本格化していくことが予想されます。
このため、特に排出削減の遅れの目立つ「中小企業や農業、サービス(業務)分野といった地域に密着した身近な生活分野」での削減推進が急務ですが、それを実現する地域密着型の人材は不足しているのが現状です。

■「地域カーボン・カウンセラー」を目指す
上記をふまえ、本養成講座では、全国19カ所で現場研修も取り入れた集中講義を実施することにより、地域の状況を把握し、自治体等の各種関係機関との連携・協力しながら、いつでもどこでもCO2削減の指導やアドバイスを行える人材(「地域カーボン・カウンセラー」)を育成します。

■特徴
CO2削減に関して体系的に学べる日本で初めての講座です!

| お知らせ | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。